2017年6月24日土曜日

「真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。」とプルーストがいっていたとか。
春が来ると草木が芽吹き、虫が生まれそれを食べ、鳥が生まれそれを食べて賑やかだ。
陶芸家などで師匠の方が弟子より安かったりするのは、師匠は手が早く、スラスラ作れるからのようで値段設定が工芸独特のようで面白い。

2017年3月16日木曜日

工場


先日は航空機やロケットのパーツなどを作る工場見学へ全自動の大きな旋盤でアルミを削っていく、精度が必要な場合は地面に乗せて回すのだなと当たり前のことを知らなかた、機械などいろいろと重厚感があって楽しかった。












2017年2月17日金曜日

あとから振り返るとあの思い入れはなんだったのだろうと思うことが多い、ヒトの考え、思想なども突き詰めればすべてそうなのかもしれないけれど夢から覚めてもなお価値のあるものは本質に触れているのではないかと思う。

2016年12月22日木曜日

子供が出来て、スペインから栃木の山間の町へ来て、面白そうな仕事も無く、何か長く続けられる仕事が良いなと考えたとき自分である(自分から離れない)仕事なら死ぬまで出来ると思ったが飽きっぽい性格なのでとりあえず木工機械を買って逃げられないようにして始めた。
一人前になるには最低10年はかかるだろうなと漠然と思っていて、そのときのイメージが年寄りになっても小さいものをちまちま作り続けているようなものだった、それなら体力が無くなっても続けられる気がした、その後平飼い養鶏場を手伝ったりしながら独立した。

2016年12月19日月曜日

制作はひたすら集中して線を研ぐだけ。