2018年7月20日金曜日

自分で価値を創造できなければ何かのマネに甘んじるしかないように思う。
シュッとしたものやセンスのいいもの可愛いものなどはそういう型がある感じがして、その思いで作ればそれを知っている人が興味を持って売れたりする、ある人の個人的な誰も知らない感じ作った場合あまり興味を持たれないことが多い、それでも自分の個人的な感じを一生かけて認めさせていく人はすごいと思う。


古代エジプトのネコの像などいまの時代の部屋にあってもあまり違和感がなく溶け込めそうで何千年前のものでも違和感なく今に入れるものはいいと思う。

2018年7月18日水曜日

木でしか出来ない表現がなにかしらあると思う、体温を感じさせるには適した素材なのかと。

2018年7月12日木曜日

もの、こと、アニミズム、人それぞれの神
短時間でどれだけの意識をモノに詰め込めるか。

2018年5月27日日曜日

灰皿などもどんどん無くなって、未来の人が発見した時は何に使われたものかわからなくなっていたりしてその目で見られたときその灰皿の本質が変化するのは面白い。